青蓮院 (観光情報) (観光情報) | 京都観光 VELTRA(ベルトラ)
青蓮院(しょうれんいん)は、京都市東山区粟田口(あわたぐち)三条坊町にある天台宗の寺院です。青蓮院門跡(しょうれんいんもんぜき)とも呼ばれています。開基(創立者)は伝教大師最澄、本尊は熾盛光如来(しじょうこうにょらい)でう。現在の門主(住職)は、旧東伏見宮家の東伏見慈晃です。アクセスは、京都市営バスで神宮道にて下車し徒歩約3分、地下鉄東西線の東山もて下車し徒歩約5分、円山公園から徒歩約10分です。
歴史
三千院、妙法院などとともに、青蓮院も比叡山上にあった房(小寺院)の起源といわれています。青蓮院は比叡山東塔の南谷にあった青蓮坊がその起源であり、門跡寺院となって山下に移ったのは平安時代末期の行玄大僧正の時です。久安6年(1150年)、鳥羽上皇の后・美福門院は青蓮院を祈願所としました。また、上皇の第7皇子覚快法親王が行玄の弟子として入寺し、以後、皇族や摂関家の子弟が門主を務める格式高い寺院となりました。山下へ移転した当初は三条白川(現在地のやや北西)にありましたが、河川の氾濫を避け、鎌倉時代に高台の現在地へ移りました。

見どころ
青蓮院は、三千院(梶井門跡)、妙法院と共に、天台宗の三門跡寺院といわれています。「門跡寺院」とは皇室や摂関家の子弟が入寺する寺院のことで、青蓮院は多くの法親王(天皇の皇子や伏見宮家などの皇族の男子で出家後に親王宣下を受けた者)が門主(住職)を務め、宮門跡寺院として高い格式を誇ってきました。江戸時代に仮御所となったことがあるため「粟田御所」とも呼ばれていま。日本三不動の1つ「青不動」のある寺としても知られています。
4アクティビティ
1/1ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. No.1
    京都市内を2階建てオープントップバスでぐるっと一周するプラン。京都タワーや知恩院、平安神宮大鳥居など京の11名所を車窓からご覧いただきます。ガイドさんの楽しい案内を聞きながら、実際に巡る観光コースを決めてみてはいかがでしょうか?
    プレゼント特典

    JPY2,000

    毎日
    1.5 ~ 2時間 (午前, 午後, 夜)
  2. No.2
    観光スポットの多い京都を満喫するには「時間と便利」を最大限活用できるタクシーチャーターが最適!中でも京都初心者の方にお薦めなコースプランをご紹介します。定額で、観光みどころ説明付(英語対応も同値段、ただし車外への同伴無)なのもポイントです。
    送迎付き

    JPY26,000

    毎日
  3. No.3
    京の夏の夜、心地良い風を感じながら夕涼みドライブにでかけませんか?開放感抜群のパノラマビューが楽しめる2階建てオープントップバス車窓から、京都タワーや二条城、平安神宮大鳥居など、夕景に染まる古都の名所をご覧いただきます。

    JPY2,000

    毎日
    (夜)
  4. 観光スポットの多い京都を満喫するには「時間と便利」を最大限活用できるタクシーチャーターが最適!中でも京都初心者の方にお薦めなコースプランをご紹介します。定額で、観光みどころ説明付(英語対応も同値段、ただし車外への同伴無)なのもポイントです。
    送迎付き

    JPY6,500

    グループ割引
    毎日

京都の人気アクティビティランキング

エリアからツアーを探す

青蓮院 (観光情報) | 京都観光| VELTRA(ベルトラ)

青蓮院(しょうれんいん)は、京都市東山区粟田口(あわたぐち)三条坊町にある天台宗の寺院です。青蓮院門跡(しょうれんいんもんぜき)とも呼ばれています。開基(創立者)は伝教大師最澄、本尊は熾盛光如来(しじょうこうにょらい)でう。現在の門主(住職)は、旧東伏見宮家の東伏見慈晃です。アクセスは、京都市営バスで神宮道にて下車し徒歩約3分、地下鉄東西線の東山もて下車し徒歩約5分、円山公園から徒歩約10分です。