東映太秦映画村 (観光情報) (観光情報) | 京都観光 VELTRA(ベルトラ)
東映太秦映画村(とうえいうずまさえいがむら)は、京都市右京区太秦東蜂ケ岡町にある映画をテーマにしたアミューズメントゾーンです。江戸や明治時代など昔の町並みを再現したオープンセットがあり、世界の映画の都ハリウッドにちなみ日本のハリウッドと呼ばれてきた「日本映画のふるさと」ともいえる映画の町です。時代劇のオープンセットでは撮影が行なわれ、迫力満点の立ち回りが見られます。特撮ヒーローキャラクターのショーや展示イベントなど、映画作りの舞台裏や映画の魅力を満喫できます。また、約30種の本格的な時代劇扮装が楽しめる「時代劇扮装の館」もあります。
歴史
1975年に日本ではじめて時代劇撮影を見学し、時代劇の世界をオープンセットやアトラクションを通して体験できるテーマパークとして誕生しました。東映は1960年代後半から映画の斜陽化が顕著になると、ヤクザ映画で観客動員を保つ一方で、時代劇が斜陽になったことから京都撮影所のオープンセットの維持を画して、その一部を新設子会社の「(株)東映京都スタジオ」に移管し、東映太秦映画村として1975年11月に開村・公開しました。2011年9月に「からくり忍者屋敷」「東映アニメミュージアム」「浮世絵美術館」が、2012年3月に「史上最恐のお化け屋敷」が、2012年10月に「おもしろ迷宮館」「太秦トリックアート迷宮館」、2013年3月に「忍者修行道場」がオープンしました。

見どころ
約30種の本格的な時代劇扮装が楽しめる「時代劇扮装の館」では舞妓、姫、殿様、武士、町人、町娘、等、時代劇の登場人物への変身体験が出来る変身スタジオがあります。 映画村内では駕籠屋体験として実際の駕籠を運行しています。時代劇の撮影が見学できるほか、時代劇の変遷や映画作りについて学んだり、忍者ショーやちゃんばら辻指南、キャラクターショーなども催され、「立体迷路忍者の砦」や「忍者修行道場」などの体験型施設などもあります。
1アクティビティ
1/1ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. No.1
    家族で遊べる映画村へGO!嵐電が1日乗り放題のフリーきっぷと映画村入村券が組み合わさったお得なセット!嵐山観光とあわせてご利用も可能!ご家族での京都の楽しい思い出づくりにお役立てください。

    JPY2,700

    毎日

京都の人気アクティビティランキング

エリアからツアーを探す

東映太秦映画村 (観光情報) | 京都観光| VELTRA(ベルトラ)

東映太秦映画村(とうえいうずまさえいがむら)は、京都市右京区太秦東蜂ケ岡町にある映画をテーマにしたアミューズメントゾーンです。江戸や明治時代など昔の町並みを再現したオープンセットがあり、世界の映画の都ハリウッドにちなみ日本のハリウッドと呼ばれてきた「日本映画のふるさと」ともいえる映画の町です。時代劇のオープンセットでは撮影が行なわれ、迫力満点の立ち回りが見られます。特撮ヒーローキャラクターのショーや展示イベントなど、映画作りの舞台裏や映画の魅力を満喫できます。また、約30種の本格的な時代劇扮装が楽しめる「時代劇扮装の館」もあります。