嵐山の鵜飼(7~9月) (季節限定・京の祭・特別拝観 2022) | 京都の観光&遊び・体験・レジャー専門予約サイト VELTRA(ベルトラ)
季節限定・京の祭・特別拝観 2022

嵐山の鵜飼(7~9月)

毎年7月2日~9月23日の期間に開催される京の夏の風物詩「嵐山の鵜飼(うかい)」の歴史は約千年前に遡ります。平安貴族の優雅な船遊びとして流行した鵜飼とは、鵜匠と呼ばれる人たちが数羽の海鵜を飼いならして鮎などの川魚をとる伝統的な漁法の一つで、嵐山に住む鈴虫の鳴き声を聞きながら嵐山の夜景や鵜飼が満喫できる風流な体験です。特に平底の小船の舳先で焚かれるかがり火が川を赤く照らすさまは非常に幻想的で、思わずその炎に心を奪われること間違いなし。
夜の嵐山を遊覧船で過ごすシチュエーションだけでも鼓動が高鳴りますが、鵜飼で獲れる魚には傷がつかないのもポイント。このため、鵜飼鮎は献上品として殊のほか珍重され、安土桃山時代以降は幕府および各地の大名によって鵜飼は保護されていきました。その一方で、鵜飼は漁獲効率のよい漁法ではないため、現在は数えるまでにその規模を縮小しており、京都で体験できる場所も非常に限られています。
今年の京の夏の夜は、かつての京都に思いを馳せながら優雅に貴族遊びを楽しむひとときをいかがですか?

京都人気アクティビティランキング

嵐山の鵜飼(7~9月) (季節限定・京の祭・特別拝観 2022) | 京都の観光&遊び・体験・レジャー専門予約サイト VELTRA(ベルトラ)
毎年7月2日~9月23日の期間に開催される京の夏の風物詩「嵐山の鵜飼(うかい)」の歴史は約千年前に遡ります。平安貴族の優雅な船遊びとして流行した鵜飼とは、鵜匠と呼ばれる人たちが数羽の海鵜を飼いならして鮎などの川魚をとる伝統的な漁法の一つで、嵐山に住む鈴虫の鳴き声を聞きながら嵐山の夜景や鵜飼が満喫できる風流な体験です。特に平底の小船の舳先で焚かれるかがり火が川を赤く照らすさまは非常に幻想的で、思わずその炎に心を奪われること間違いなし。 夜の嵐山を遊覧船で過ごすシチュエーションだけでも鼓動が高鳴りますが、鵜飼で獲れる魚には傷がつかないのもポイント。このため、鵜飼鮎は献上品として殊のほか珍重され、安土桃山時代以降は幕府および各地の大名によって鵜飼は保護されていきました。その一方で、鵜飼は漁獲効率のよい漁法ではないため、現在は数えるまでにその規模を縮小しており、京都で体験できる場所も非常に限られています。 今年の京の夏の夜は、かつての京都に思いを馳せながら優雅に貴族遊びを楽しむひとときをいかがですか?