京都市左京区にある南禅寺(なんぜんじ)は、清水寺で有名な東山の北に位置する寺院です。臨済宗南禅寺派大本山の寺院で、山号は瑞龍山、本尊は釈迦如来です。南禅寺は亀山法皇によって創立(開基)された日本初の勅願禅寺で、京都五山、ならびに鎌倉五山と呼ばれる高位の禅寺よりも、さらに上におかれる別格扱いの寺となっています。京都御所の建て替えの際に下賜された建物を移築したものもあり、国宝や重要文化財を多数所有しています。周辺には銀閣寺や平安神宮があり、桜や紅葉の見どころが多いところです。
歴史
臨済宗南禅寺派・大本山の「南禅寺」は鎌倉時代に創設された寺院です。南禅寺の開基は亀山法皇で、亀山法皇自身が造営した離宮の「禅林寺殿」を、1291年(正応4 年)に「禅林禅寺」と改めたのが始まりです。南禅寺は勅願により開山された日本最初の寺院で、初代住職は無関普門(大明国師)です。室町時代には「五山の上」として、日本の禅宗のなかでも最上位となり、五山文学の中心地として栄えました。創建当時の伽藍などは応仁の乱で焼失し、現在は桃山時代に再建されたものがほとんどです。

見どころ
南禅寺は日本全国のなかでも最も格式が高い禅寺で、観光客にも人気のお寺です。南禅寺の伽藍は1641年(寛永18年)に、御所の日ノ御門を移築した大きな建物です。国宝の「方丈」は大方丈と小方丈からなっていて、大方丈もまた御所の建て替えの際に旧の女院御所の対面御殿を下賜移築されました。広大な寺域内には三門、方丈庭園、南禅院などがあり、ゆったりとした時間が流れていて、寺院内を散策するだけで心が落ち着いてきます。特に桜や紅葉の頃が美しく、人気があります。京都に豆腐料理が多いのは精進料理が起源とされていますが、南禅寺では特に湯豆腐が有名です。周囲には湯豆腐のおいしいお店が多いのでぜひ一度召し上がってみてください。
1アクティビティ
1/1ページ
  1. 観光客に人気の京都名所を自転車でまわるサイクリングツアー。河原町より出発し、京都御苑、銀閣寺、南禅寺、平安神宮をまわるルートです。自転車なので交通渋滞もなく、半日で効率良く観光が楽しめますよ。

    JPY11,200

    毎日
    4時間 (午前, 午後)

エリアからツアーを探す

南禅寺 (観光情報) | 京都観光| VELTRA(ベルトラ)

京都市左京区にある南禅寺(なんぜんじ)は、清水寺で有名な東山の北に位置する寺院です。臨済宗南禅寺派大本山の寺院で、山号は瑞龍山、本尊は釈迦如来です。南禅寺は亀山法皇によって創立(開基)された日本初の勅願禅寺で、京都五山、ならびに鎌倉五山と呼ばれる高位の禅寺よりも、さらに上におかれる別格扱いの寺となっています。京都御所の建て替えの際に下賜された建物を移築したものもあり、国宝や重要文化財を多数所有しています。周辺には銀閣寺や平安神宮があり、桜や紅葉の見どころが多いところです。