晴明神社 (観光情報) (観光情報) | 京都観光 VELTRA(ベルトラ)
晴明神社(せいめいじんじゃ)は、京都市上京区にある平安時代の陰陽師、安倍晴明を祀る神社です。一条戻橋(いちじょうもどりばし)のたもと、晴明の屋敷跡に鎮座しています。平安時代は朝廷の政治や宗教行事から貴族の私事にいたるまで、すべて占いで決めていました。陰陽師は陰陽五行を基に様々な事象を占う官職で、安倍晴明は平安時代に大活躍した陰陽師でした。晴明の紋所は星形の「晴明桔梗紋」と言われる「五芒星(ごぼうせい)」で、魔除けや厄除けのご利益があります。
歴史
平安時代に活躍した陰陽師の安倍晴明は1005年に亡くなり、1007年に一条天皇が屋敷跡に晴明神社を創建しました。主祭神は安倍晴明です。当初は広大な社殿でしたが、後の戦禍や豊臣秀吉の検地などによって次第に縮小し荒廃していきました。しかし、幕末以降に氏子らが中心として整備が行われ、1950年には境内が拡張され堀川通に面するようになりました。平成になってから「陰陽師」の小説や映画、漫画がヒットし「陰陽師、安倍晴明」がブームになり、全国から参拝者が訪れるようになりました。2005年には晴明没後千年を記念して安倍晴明千年祭が行われています。

見どころ
晴明神社は安倍晴明を祀る神社で、晴明の屋敷跡に創建されました。本殿の北にある「晴明井」は、晴明の陰陽道の霊力より湧き出た井戸と言われ、ここから湧く水には無病息災のご利益があるといわれています。戦国時代には千利休がこの水を茶会に使ったといわれ、豊臣秀吉もその茶を飲んだと伝わっています。晴明神社は創建当初は大きなお社でしたが、戦乱や検地で縮小しました。現在は小さな神社ですが、平成になってからは陰陽師の人気で多くの参拝客が訪れるようになり、毎年9月の秋分の日に晴明祭が開催される他、年間を通して多く祭事が行われています。
1アクティビティ
1/1ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. No.1
    京都で過ごすお正月、華やかな初詣ツアーから始めませんか?世界遺産・東寺の五重塔内部見学や陰陽師でよく知られる晴明神社、千体千手観音立像を誇る三十三間堂など、新年に相応しいパワースポットを巡ります。八坂神社の美御前社では美徳祈願をお忘れなく。
    食事付き
    プレゼント特典

    JPY9,800

    毎日
    6時間 (午前)

京都の人気アクティビティランキング

エリアからツアーを探す

京都 テーマから探す

晴明神社 (観光情報) | 京都観光| VELTRA(ベルトラ)

晴明神社(せいめいじんじゃ)は、京都市上京区にある平安時代の陰陽師、安倍晴明を祀る神社です。一条戻橋(いちじょうもどりばし)のたもと、晴明の屋敷跡に鎮座しています。平安時代は朝廷の政治や宗教行事から貴族の私事にいたるまで、すべて占いで決めていました。陰陽師は陰陽五行を基に様々な事象を占う官職で、安倍晴明は平安時代に大活躍した陰陽師でした。晴明の紋所は星形の「晴明桔梗紋」と言われる「五芒星(ごぼうせい)」で、魔除けや厄除けのご利益があります。