シュノーケリング (海のアクティビティ(マリンスポーツ)) | 屋久島の観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)
海のアクティビティ(マリンスポーツ)
シュノーケリング
4.86
屋久島を囲む透明度の高い美しい海は、シュノーケリングにぴったり。一湊海水浴場や栗生海水浴場、いなか浜など、屋久島には数多くの美しい海が点在しています。屋久島には黒潮の本流が南から流れ込んでいて、その黒潮に乗って多くの魚も流れ込んできます。過去に全国魚種調査コンテストで日本一になった実績も。雨の多い屋久島ですが、シュノーケリングは海が穏やかであれば雨が降っていても催行可能。安全にツアーが催行できる条件が揃っていれば、晴れの日も雨の日も水中を覗くことができます。また、夏を過ぎた10月、11月含め、どの季節でも楽しむことができるのがポイント。水に抵抗があるという方でも簡単に参加できるシュノーケリングは、年齢問わず大人気です。間近で泳ぐウミガメや、トロピカルフィッシュ、小魚たちがあなたに海の楽しさを教えてくれます。器具レンタルも含まれており、半日プランもあるので、スキマ時間に気軽に参加することができます。また、主要エリアである宮之浦や安房の宿泊施設での送迎付きのツアーも。屋久島の海を知り尽くしたベテランガイドが、その時期にあった最高のスポットへお連れします。

屋久島人気アクティビティランキング

シュノーケリングの新着体験談

11月極寒のシュノーケリング

2021/11/17 友達・同僚 RRR

極寒の中、人生2回目のシュノーケリングの挑戦しました。
会えると思っていなかった、ウミガメにも2匹出会えて、最高の経験が出来ました。
ネコミミウエットスーツのガイドさんも、本当に楽しくて忘れられない1日になりました!

屋久島は山だけじゃない!

2021/10/23 カップル・夫婦 ばなな

山だけでなくウォーターアクティビティも体験したく、リバーカヤックを選びましたが大正解でした!

◆白谷雲水峡トレッキング
苔むす森まででしたが、光の差し込む具合によって苔のグリーンが変化しとてもきれいでした。縄文杉トレッキングに比べる... 続きを読む

閉じる

白谷雲水峡&シュノーケリング

2021/10/18 友達・同僚 shiho

午前中は苔のむす森、午後はシュノーケリングを体験しました。

白谷雲水峡は一歩踏み入れるともう別世界!岩場もあり、日頃運動しない私にはちょっと辛かったですが景色がひたすら凄すぎてあっという間でした。ガイドさんも行きの車から共通の趣味(音... 続きを読む

閉じる

効率的に海と山を満喫できました!

2021/10/17 ひとりで こたつでごろごろ

屋久島到着の翌日、縄文杉トレッキングの前日に行きました。登山だけで終わってしまうのはもったいないな、と思っていたのでダイビングを午後につけることに。太鼓岩まで行けませんでしたが曇って絶景が満喫できなくても残念だな…と思い苔むす森まで。皮肉な... 続きを読む

閉じる

綺麗な海でした!

2021/09/30 ひとりで 匿名希望

屋久島というと縄文杉=山 というイメージが強かったのですが、海も最高でした!
屋久島の海は水の透明度が高くて、とても綺麗な海でした。色とりどりのきれいなお魚がたくさん見えました。インストラクターさんが魚の多いスポットに連れて行ってくれて、... 続きを読む

閉じる

ウミガメに会えました

2021/09/24 家族 mmmn

ガイドさんも丁寧で、ウェットスーツの着方など教えてくれました。
ウミガメも海に入ってすぐに会うことができました。
シュノーケルでの潜り方を教えてくれて写真も撮っていただきました。
台風の翌日でしたが海は澄んでいて綺麗でした!

... 続きを読む

閉じる

参加時の注意

天気・気温
屋久島は「ひと月に35日雨が降る」と表現されるように、雨の量が多い島です。日本の年間平均降水量がおよそ1500~1800mmであるのに対し、安房エリアでは4600mm、宮之浦岳では10000mm以上と、東京の2~3倍近い雨が降ります。島の位置で雨量が異なるのも特徴です。屋久島の周囲を流れる暖かく湿った黒潮が、山々にぶつかって上昇気流を起こすことから、山の上でたくさんの雲が発生します。島全体の約9割が山岳である屋久島の地形が、雨量に大きく関わっているのです。比較的温暖な屋久島では、1年を通して季節を問わずシュノーケリングが可能です。雨が多いといえど、安全にツアーが催行できる条件が揃っていれば、風が強い日や波が高い日などを除き、晴れの日も雨の日も水中を覗くことができます。
■冬季(12月、1月、2月):平均最高気温15℃、平均最低気温10℃
■春季(3月、4月、5月):平均最高気温21℃、平均最低気温14℃
■夏季(6月、7月、8月、9月):平均最高気温31℃、平均最低気温24℃
■秋季(10月、11月):平均最高気温25℃、平均最低気温18℃
服装・持ち物
シュノーケリングは、マスク、シュノーケル、フィン(足ヒレ)、ウェットスーツを身につけて、海面から水中を楽しみます。基本的に水着のご準備だけで参加が可能です。深く水中に潜らずに、水中に顔をつけたまま呼吸をするので、水が怖い、泳ぐのが苦手、海に潜るのは抵抗があるという方でも気軽に参加できるマリンアクティビティーです。ショップによってはタオルを貸し出しているところもあるので、少ない荷物で快適にツアーをお楽しみいただけます。髪が長い方は、髪ゴムがあると便利です。シャワーを完備しているショップもありますので、海から上がった後、ホテルに帰る際はさっぱりしてお戻りいただけます。着替えはお忘れなくお持ちくださいね。

シュノーケリングとは

概要
シュノーケリングは、シュノーケルと呼ばれる呼吸用のパイプ、マスク、フィン(足ひれ)を装着し、水面または比較的浅い水中を遊泳しながら、海の景色を楽しむマリンアクティビティーです。シュノーケリングで使用するマスクは水泳用のゴーグルと異なり、鼻も覆われています。そのため口呼吸がしやすくなっています。また、フィンを装着することにより、素足で泳ぐよりも推進力が増し、長い距離を楽に進むことができます。シュノーケリングをするには資格は必要なく、特別な技術も不要です。年齢性別を問わず、手軽に海の世界を覗くことができることから人気を集めています。また、ライフジャケットやウェットスーツを着用すれば、浮力が確保されるため、泳ぎに自信のない方でも安心して楽しむことができます。ツアーでは、ガイドがしっかりレクチャーし、慣れるまでは足のつく浅瀬で練習しますので、全くの初心者でも問題なく参加できます。
シュノーケリング (海のアクティビティ(マリンスポーツ)) | 屋久島の観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)
屋久島を囲む透明度の高い美しい海は、シュノーケリングにぴったり。一湊海水浴場や栗生海水浴場、いなか浜など、屋久島には数多くの美しい海が点在しています。屋久島には黒潮の本流が南から流れ込んでいて、その黒潮に乗って多くの魚も流れ込んできます。過去に全国魚種調査コンテストで日本一になった実績も。雨の多い屋久島ですが、シュノーケリングは海が穏やかであれば雨が降っていても催行可能。安全にツアーが催行できる条件が揃っていれば、晴れの日も雨の日も水中を覗くことができます。また、夏を過ぎた10月、11月含め、どの季節でも楽しむことができるのがポイント。水に抵抗があるという方でも簡単に参加できるシュノーケリングは、年齢問わず大人気です。間近で泳ぐウミガメや、トロピカルフィッシュ、小魚たちがあなたに海の楽しさを教えてくれます。器具レンタルも含まれており、半日プランもあるので、スキマ時間に気軽に参加することができます。また、主要エリアである宮之浦や安房の宿泊施設での送迎付きのツアーも。屋久島の海を知り尽くしたベテランガイドが、その時期にあった最高のスポットへお連れします。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜