京都市伏見区の「伏見稲荷大社」は、全国に3万社ある「商売繁盛・五穀豊穣の神」が祀られている「お稲荷さん」の総本山です。世界遺産にこそ登録されていませんが、初詣の参拝者が近畿地方NO1という人気の神社です。大鳥居をくぐると朱塗りの楼門があり、本殿があります。本殿背後には伏見稲荷大社で最も人気のある「千本鳥居」があります。朱塗りの鳥居がトンネルのように連なっていて壮観です。この「千本鳥居」をくぐれば、標高233mの稲荷山の山腹に点在する300もの祠や塚を巡る「お山巡り」ができます。約4km、2時間の道のりです。
歴史
伏見稲荷大社の本殿背後にある稲荷山は、古代から神が降臨する山として人々に信仰されてきました。奈良時代の和同年間(708~7015)には、渡来人の秦氏、伊侶巨秦公(いろこのはたのきみ)が勅命を受けて、この稲荷山の三つの峯にそれぞれ神を祀ったのが伏見稲荷大社の始まりといわれています。しかし応仁の乱で被害を受けました。本殿は檜皮葺で1499年(明応8年)に再興されており、1589年(天正17年)には豊臣秀吉が朱塗りの楼門を寄進しています。境内には鮮やかな朱塗りの社殿が建ち並んでいて、神の使いとされるキツネの象が境内のあちこちに祀られています。

見どころ
商売繁盛、五穀豊穣の神様として人気のある伏見稲荷神社ですが、室町時代の建築である本堂は「稲荷造り」と呼ばれ重要文化財に指定されています。蓮、牡丹唐獅子などの彫刻が施され、豪華絢爛な桃山文化を今に伝えています。信者が寄進した鳥居がトンネルとなって連なる「千本鳥居」は約4kmの巡礼コースになっていて、平安時代には清少納言も巡ったと枕草子に記されています。千本も並んだ鳥居はまるで異次元への通路のような不思議な感覚を体験して下さい。
3アクティビティ
1/1ページ
  1. 午前中だけで京都の名所を2ヶ所めぐる早回りコース。長さ120メートルの総檜づくりのお堂と1001体もの観音像が圧巻の「三十三間堂」と、朱色の千本鳥居が幻想的な「伏見稲荷大社」へご案内します。
    プレゼント特典

    JPY2,760

    6%
    OFF
    毎日
    3時間 (午前)
  2. 大阪から出発し、バスで景色を眺めながらゆっくりと京都まで行き、帰りは大阪まで帰るコースです。沢山の鳥居で有名な伏見稲荷大社や金閣寺を巡り、清水寺ではたっぷり3時間滞在します。京都の観光にぜひいかがでしょうか。
    送迎付き
    食事付き

    JPY6,000

    毎日
    9 ~ 9.5時間 (午前)
  3. 観光スポットの多い京都を満喫するには「時間と便利」を最大限活用できるタクシーチャーターが最適!中でも京都初心者の方にお薦めなコースプランをご紹介します。定額で、観光みどころ説明付(英語対応も同値段、ただし車外への同伴無)なのもポイントです。
    送迎付き

    JPY28,840

    毎日

エリアからツアーを探す

伏見稲荷大社 (観光情報) | 京都観光| VELTRA(ベルトラ)

京都市伏見区の「伏見稲荷大社」は、全国に3万社ある「商売繁盛・五穀豊穣の神」が祀られている「お稲荷さん」の総本山です。世界遺産にこそ登録されていませんが、初詣の参拝者が近畿地方NO1という人気の神社です。大鳥居をくぐると朱塗りの楼門があり、本殿があります。本殿背後には伏見稲荷大社で最も人気のある「千本鳥居」があります。朱塗りの鳥居がトンネルのように連なっていて壮観です。この「千本鳥居」をくぐれば、標高233mの稲荷山の山腹に点在する300もの祠や塚を巡る「お山巡り」ができます。約4km、2時間の道のりです。