スケジュールが悪い

投稿者: 385352, 2018/08/09

バス停を通る頻度が1時間に1本くらいなので、見るところの少ないスポットで降りると時間を持てあますことになる。

僕らは途中でツアーを打ち切って、タクシー移動に切り替えました。

評価:
利用形態:家族
参加日:2018/08/06
この体験談は参考になりましたか? [はい]

サンズ・スカイパークからの眺望は一見の価値あり。その他は・・・

投稿者: ファルスタッフ, 2018/01/08

1月3日家族3名で利用しました。Web上の商品の説明にはシンガポール・フライヤー1Fのツーリストハブでチケットを受け取るように記載されていますが、バウチャーを見るとマリーナスクエア・ショッピングモール1Fのシティ・ツーリストにバウチャーを持参することになっており、このあたり混乱している印象です。
 ホップオン・ホップオフのマリーナ・ルートのバスに乗車し程近いマリーナ・サン・ベイズへ。ここでお目当てのスカイパークへ昇るわけですが、通常のチケット売場ではなく地下通路を介して通りの反対側のショッピングモール1Fのコスメの店でチケットを受け取ることとなり、少々面倒です。
 スカイパークからの眺望は素晴らしく、シンガポールを訪れるのであれば是非一度は行かれることをお薦めします。我々が行ったのは午前中でしたが、夜景もさぞ見ごたえがあることでしょう。
 さてホップオン・ホップオフのバスですが、シティルート、マリーナルートともにおよそ1時間に1本の運行です。もちろんバスですから定刻に来るとは限らず正直なところ使い勝手は今一つです。とくにシンガポールの場合、シンガポール動物園(ナイトサファリ、リバーサファリ)やセントーサ島のような郊外はともかく、市内であればタクシーでほとんど10 SGD (1 SGD = およそ86円)以内で行けてしまいますし、そのタクシーも比較的簡単につかまります。となると本ツァーの料金1名46.90 SGD の料金には23.00 SGDのSkypark入場料が含まれているとしても、家族3名で利用するとタクシーを使い倒すよりはかなり割高な計算になってしまいます。2階建てバスの高い位置から街並みを眺められるという楽しみはありますが、この場合日焼け止めは必須です。


  • スカイパークからシティ方向。右下に豆粒のようなマーライオンが。


  • スカイパークからガーデンズ・バイ・ザ・ベイを望む。

評価:
利用形態:家族
参加日:2018/01/03
この体験談は参考になりましたか? [はい]

チケットの発券が手間

投稿者: benkyohu, 2017/11/04

安くて、便利で良かったです。
チケットの発券が混んでいて大変。展望デッキはまたチケットをもらいに行く必要がありさらに大変

評価:
利用形態:家族
参加日:2017/10/06
この体験談は参考になりましたか? [はい]

【シンガポール市内観光】オープントップバス1日乗車券+サンズ・スカイパーク展望デッキ入場券<1日パス>の参加体験談 | シンガポールの観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)

【シンガポール市内観光】オープントップバス1日乗車券+サンズ・スカイパーク展望デッキ入場券<1日パス>の参加体験談 | マリーナベイ・サンズのサンズ・スカイパーク展望デッキへの入場券と乗り降り自由なバスの1日乗車パスがセットになったプラン。サンズ・スカイパークは地上200m、タワーの屋上57階に広がる空中庭園から360度の大パノラマをお楽しみいただけます。