ざっと見学したい方にはベストなカードです

投稿者: 名無し, 2016/10/16

2日間を使用。
ひととおり見学したい方にはいいカードだと思います。
見学場所によっては、パスと入場券を引き換えることが必要なので並ぶ必要もあります(シシィミュージアム、シェーンブルン宮殿等)。
2日での見学場所の合計金額は106ユーロ位でしたのでお得ですが、時間の関係で美術史博物館の見学が短くなりましたので、じっくり見学したい場所はあえてはずす(または別の日に見学する)こともありかもしれません。
シェーンブルン宮殿全体をくまなく見たいという方は宮殿グランドツアー、(現在ヨーゼフ没後100周年展示もあり)、パノラマバス、馬車博物館、植物園だけで相当な金額になりますので購入されると便利かと思います。
説明書付のセットをいただけますが、説明書は小さくて細かく読む気がおきませんでした。


  • セット一式

評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2016/10/06
この体験談は参考になりましたか? [はい]

お得なパスです

投稿者: ひつじ, 2016/10/01

昔からあるVienna card とViennaPassと迷いました。
ViennaPassは観光施設の入場料が込みなので、Vienna cardの割引とは違い、チケットを買う手間も省けて、たくさんの観光場所を気軽に入ることができました。
初めてのウィーン観光だったので、2日間パスを購入しました。
まずシェーンブルン宮殿では優先入場。展望台(グロリエッテ)でも使えました。
ついでにシェーンブルン動物園も回りました。
もちろん王宮も優先入場して使えます。
自然史博物館、美術史博物館、をはじめとするほとんどの博物館と美術館で使えます。
また、ベルウェベデーレ宮殿の「クリムトの接吻」このPassで優先入場して見ることができました。(←追加料金なし)
シュテファン寺院の入場に加えて、展望エレベーターも使えます。
これだけ入場すれば、十分に元が取れます。
この1枚があればウィーンを堪能できると思います。

おまけみたいなものですが、HOP ON HOP OFF busも乗ることができます。
オペラ座を拠点にする方はバスが見つけやすく、タイミングが合えば行きたい場所へ連れて行ってくれるので、移動が楽です。
またいくつか路線があり、ドナウ川やタワー、観覧車のあるプラーターをぐるりと回るバスがあるので、夕方疲れたころにオープントップバスで一周しました。

ちゃんと観光場所ではViennaPassは浸透していて、見せるだけで対応してくれました。
(首にかけるホルダーもくれるので、これを掛けてると係員が見つけて誘導してくれたりもします)
初めてで短時間でたくさんの施設を回りたいと考えている方にはお勧めのPassです。
ご購入の方はウィーン空港で受け取ることをお勧めします。

評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2016/09/22
この体験談は参考になりましたか? [はい]

認知度が低いがとても使い甲斐あり、ただしHop on Hop off利用は現実的ではなかったです

投稿者: YKYA, 2016/09/02

日本で予約、空港の受取場所「Airport Driver desk」で、認知度が多少低い成果少し手惑いましたが、ガイドブックとともに引き取り完了。パスとして、列にも並ばずに入れた場所もあれば、列に並ばざるを得ないような小さな入り口もあり、ベルデヴェーレは残念ながら利用ができませんでした。また、ウィーンカードは、公共交通機関(バス、電車、トラム)が利用できますが、パスは基本Hop on Hop offバスのみですので、公共交通機関の24,48、72時間フリーパスを別途購入する必要があります。24 stunden Wien-Karte 7.6ユーロ 48 stunden Wien-Karte 13.30ユーロ 72 stunden Wien-Karte 16.50ユーロ。

評価:
利用形態:家族
参加日:2016/08/05
1 人が参考になったと言っています。
この体験談は参考になりましたか? [はい]

ウィーンパス、かなり使えます!

投稿者: ゆうぞう, 2016/08/15

2日間パスを購入しました。結構な数の美術館、博物館を網羅しています。正直高いかとも思いましたが、並ばずに美術館に入れる事で、一つでも多くの美術館が見れると考え、パスで回れるアトラクションを中心に旅のスケジュールを組み立てました。
まず、バウチャーと引き換えにウィーンパスとカードホルダーを貰います。カールスプラッツ駅のウィーンパスの引き換えオフィスは小さくスタッフも少ない為、パスを求める人の列が出来ていましたので、早目に受け取られるといいかと思います。私は受け取後すぐに使用したい旨伝えるとその場で名前と日付をを記入させられました。名前と日付を記入したその日から2日間有効となります。どこでパスが使えるかは、貰える冊子(英語)で確認出来ます。私が回った中でパスが使えなかったのは、ベルベデーレ上宮と分離派会館位だったかと思います。その他主要な美術館はパスを見せるとチケットに引き換えてくれました。一番並んでいた美術史美術史は、列をパスして入館出来たので、時間の節約になりました。また、乗る予定の無かった観光バスには、シェーンブルン宮殿の帰りにたまたま止まっていたのを見つけて乗ってみましたが、音声ガイドがあり、日本語でも観光案内がされていて楽しむことが出来ました。停留所の案内もしてくれるので、降りたい場所が事前にわかるのもありがたかったです。ちなみに、音声ガイドを聞くのにはバスの中のカゴにある黄色いイヤホン(新品、持ち帰り可能)を使うようですが、それに気付かずに自分のイヤホンを使用しましたが、問題なく使えます。
最近出来たパスのようで情報が少なく、若干不安ではありましたが、買って大正解。かなり使えます‼︎次回ウィーンに行く際には、使えなかった美術館でも使えるようになっているといいなと思います。


  • ウィーンパス

評価:
利用形態:カップル・夫婦
参加日:2016/08/13
この体験談は参考になりましたか? [はい]

まだ新しいので今後もっと改善の可能性

投稿者: すずき, 2016/07/30

このウィーンパスと、昔からあるウィーンカードとどちらにするか迷いましたがこちらで大正解!!
私は家族で行きましたが、個人で超特急でまわればものすごい数にタダで入れます。
ホーフブルクなど、それぞれ支払っていたら莫大になってしまうものに、以前旅行した時は行かずに省いていたものが、ただになるからというだけの理由で、とりあえずさっと見て回ろうとしただけのものが意外と良く、感動したりすることも。
ちなみに私の場合は2日パス購入で
1日で元が取れました。
シェーンブルン関連やホーフブルク関連やミュージアム類の10ユーロ越すような値段の高いとこに徹底優先で入場し、カフェ巡りやケルントナー、グラーベンでの買い物、及び、パスクァラティハウスやハイドンハウス等安い場所は全て他の日にまわしてプランニングするとオトクです。


比較対象になるウィーンカードは交通全てのパス+各アトラクションや観光スポット入場の割引がついたものです。(各割引は1-2ユーロ程度)

それに対しこのウィーンパスはほぼ、全ての観光スポットに無料入場できるものです。(なぜかベルベデーレは対象外ですが)それを除けばほぼ、全てです。交通パスとセットになっているものもありますが割安にはなっていません。私はパスは日付でなく時間で購入なので、別で交通のフリーパスをU-bahnの券売機で買いました。

まだ最近登場したものなので日本語のレビューが少なく、不安になると思いますが、私は絶対にオススメです!
ウィーンパスのホームページに使えるものが全て書いてありますので、(原語ですが、わからなければネットで調べればオッケイ)事前チェックをすすめます。

気をつけてほしいのが、交通パスやウィーンカードと違って、時間でなく日付で決まるので2日間のパスならば48時間でなく2日です。つまり使用開始日と次の日の23:59までということになります。最初の入場でカードに日付を記入し、各入場でバーコードで読み取られます。

したがって、パスの引き換え(空港にあるカウンターか、オペラ座地下にあるカウンター)は使用日の前日までに引き換えておいた方がいいでしょう。
当日カウンターが開く時間まで待っていたら勿体ないですよ。

入場の際は混んでるチケット購入ラインに並ぶ必要もなくいきなり入場口でパスをかざすだけでバーコードでピッだけで入れるのでショートカットも可能です。
どちらにせよ、タダになるわけですから片っ端からエントリーすると発見がありますよ。


評価:
利用形態:小さなお子様連れ
参加日:2016/07/26
この体験談は参考になりましたか? [はい]

観光スポット巡り・中心地に宿泊の人にオススメ

投稿者: たっぴー, 2016/01/23

2日間有効のパスを購入しました。
宿泊ホテルが、主な観光地から近いシュテファンスプラッツ駅周辺にしたため地下鉄・トラムをあまり使わないこと、また、いろんなスポットに行きたいと思ったため、地下鉄・トラムなどが乗り放題の「ウィーンカード」ではなく、主な観光スポットと周遊バスが無料の「ウィーンパス」を買いました。
結果としては、「ウィーンパス」にして大正解。パスを使えばタダだし!と思い、行く予定のなくふらっと立ち寄った美術史美術館に感動したり、気軽に様々なスポットを楽しめたのでよかったです。
周遊バスは、シェーンブルン宮殿に行くときのみ乗りましたが、日本語でのガイドがあり街並みも楽しめました。バスに乗るときに貰ったイヤホンは宮殿などのガイドにも使用できて非常に便利でした。日本と違い時間通りにバスが来ませんでしたが海外なのでそれもご愛嬌。
ただし、他の人のコメントであるように有名だけれども使えないスポットもあるのでご注意を。
観光スポットめぐり、中心地に宿泊の人にはオススメのカードです。

評価:
利用形態:家族
この体験談は参考になりましたか? [はい]

上手く使えばお得なカード

投稿者: sayaka, 2016/01/13

シェーンブルン宮殿や美術史美術館、モーツァルトハウスなど、おおよその観光スポットに無料で入場できます。ウィーンパスで無料になる施設を事前に調べて、行きたいところがたくさんあればお得だと思います。シュテファン寺院など有名でも対象外だったりするので、必ずしもお得なカードとは言えないかな。ホーフブルクの国立図書館も対象外でした。2日間有効のパスを利用しましたが、宮殿や美術館など時間をかけてゆっくり満喫すると、たくさんはまわれないので、その都度入場券を買うのとそんなに変わらないかもしれません。ですが、人気の観光スポットでは、チケットを買うのに並ばずにすむので、スムーズに入場することができたのは良かったです。ウィーンパスを買うと無料で乗れるバスには、シェーンブルン宮殿に行くときに1度だけ乗りました。2階建てバスで、各国のオーディオガイドがあるので車窓を見ながら、ウィーンの歴史や文化などについて知ることができます。ただ、このバスがなかなかバス停に来ず、来ても回送車で、乗れるバスはいつ来るんだろう?みたいな感じでした。
上手に使えばお得にウィーンを満喫できると思うので、事前の下調べが大事かと思います。
あと、個人的には首から下げる黄色のストラップが可愛くて好きでした。

評価:
利用形態:カップル・夫婦
参加日:2015/12/24
この体験談は参考になりましたか? [はい]

お勧めです

投稿者: こえだ, 2016/01/02

体験談がないので恐る恐る利用しました ヴェルヴェデーレ、シュテファンの塔、カタコンベツアー、カプチーナ納骨堂など、メジャーと言える箇所が含まれていない点は気になりましたが、全体的には良かったと思います。
事前に行きたかった箇所の入場料と、ウィーンパス、ウィーンカードの料金を綿密に比較しましたが(パリのミュージアムパスには確かに劣りますが)ウィーンカードよりはウィーンパスがお得で便利です リング内の観光がメインでしたらウィーンカードより、ウィーンパスです
ただし、オペラ座前から乗ったホップオンバスは最低でした 殺到する観光客に係員が対応しきれず突然一旦乗ったバスを降ろされ後続車に乗るよう言われたり、発車時刻を尋ねても間もなくの一点張りだったり、これが観光シーズンだったらどうなるのか?と思いました
ホップオンバスはオペラ座前からは乗らないことを勧めます
なお、ウィーンパスを購入するとカードを入れられる首から下げる黄色のストラップをプレゼントしてくれます これがかなり目立つので入り口で迷っても係員が見つけて入り口を案内してくれる可能性大ですのでご心配なく

評価:
利用形態:ひとりで
参加日:2015/12/26
この体験談は参考になりましたか? [はい]

いまいち

投稿者: とみー, 2015/08/29

フランスのパスと同じ感じかなあと思って購入したのですが、使いにくい!まだまだ浸透していない感じです。パスがあってもチケット売り場でチケットを買う場所も多いので全くお得感がありません。シェーンブルンは、パスの人は右の奥で列に並ばずにチケットに交換出来ましたが、案内も無いので見つけたもんがちでした。思わず、列に並んでてパスを首にかけてる人にあっちで変えられるよって教えてしまいました。シシィパスとも違うので、入場に待ち時間もあるし。バスも詳しい時刻表が無くざっくりしています。ウィーンカードの方が便利だったかも…と思いました。ベルベデーレとかもパスには含まれていないので、最終的にどっちがお得だったか…。

評価:
利用形態:家族
参加日:2015/08/12
この体験談は参考になりましたか? [はい]

ウィーンパスとウィーンカード

投稿者: momosanyo, 2015/08/11

どちらにしようか迷いましたが、主要な観光名所の入場料込みというウィーンパスを選びました。乗り降り自由のバスは観光の足にするつもりでしたが、停留所での停止時間が長く、しかもワンウェイなので足にはならず、結局地下鉄フリーチケットを購入しました。
バス停もよくわかりませんでした。
観光バスのつもりで乗れば説明付きでお得だと思います。ただ、エアコンがなく夏は非常に暑いです。
入場券としては、そのまま使えるわけではなく、結局チケット売り場で紙のチケットに交換するために並ばなければならないことが不便でした。
それならウィーンカードと優先入場券のシシーチケットセットの方が良かったかなと思っています。

評価:
利用形態:カップル・夫婦
参加日:2015/08/09
この体験談は参考になりましたか? [はい]

エリアからツアーを探す

ウィーンパス(Vienna Pass) ウィーン観光の強い味方!人気観光スポット無料&優先入場カード <2日・3日間有効>の参加体験談 | オーストリア(ウィーン)旅行の観光・オプショナルツアー予約 VELTRA

ウィーンパス(Vienna Pass) ウィーン観光の強い味方!人気観光スポット無料&優先入場カード <2日・3日間有効>の参加体験談 | ウィーン市内の観光地で利用できる便利なパスが登場しました!シェーンブルン宮殿や美術史美術館、シェーンブルン動物園などに無料で入場できるほか、市内を網羅した乗り降り自由バスが無料といったお得な特典が盛りだくさん。旅のお供に必須のアイテムです!